コマンド_メモ

忘れないようメモ。

 

・OpenSSL証明書(.PEM→.p12へ変換)

~$ openssl pkcs12 -export -in <変換対象証明書>.crt -inkey <同梱させる秘密鍵>.key -out <出力ファイル名>.p12

 

・証明書の整合性確認

openssl x509 -in <ファイル名>.pem -text

 

テキストエディタとかで置換する時

ファイルパスのファイル名以外を選択

(?!.*/).+

ファイルパスのファイル名のみを選択

/.*$

 

・現在置から配下全てをタッチする

~$ find . -exec touch {} \;

 

busybox [ファンクション名] [引数]

 

ubuntu ネットワーク再起動

~$ /etc/init.d/network-manager restart

~$ /etc/init.d/network-interface restart

 

android パケットログ取得

adb shell tcpdump -s 0 -v -w /data/tcp.pcup

 

android ctsビルド方法

AOSPのルートへ移動

~$ source build/envsetup.sh

~$ make cts

→/out/host/linux-x86/cts/配下に生成される

 

ubuntuが64/32bitのどちらか確認

~$ arch

i686(32bit)

x86-64(64bit)

 

ubuntuのVer確認

~$ cat /etc/lsb-release

 

・ファイル名/ディレクトリ名のみ出力

ファイル名

~$ find -type f

ディレクトリ名

~$ find -type d

 

・tar.bz2拡張子の圧縮/解答コマンド

~$ tar -jcvf <ファイル名>.tar.bz2 <target>

~$ tar -jxf <target>

 

・3項演算

y=a?x1:x2

→aがtrueならx1 falseならx2

 

・Git Patchファイルの作成

パッチを作成したいGitProject上に移動(.gitがあるところ)

~$ git show <tag名>

ハッシュ値を取得

git format-patch <上記で取得したハッシュ値> -o <パッチファイル格納場所>

 

・Git Patch 適用/リバート

~$ patch -p1 < "パッチファイルのルート"

~$ patch -p1 -R < "パッチファイルのルート"

 

android システムプロパティの記述/設定

記述

→import android.os.StstemProperties;

→SystemProperties.getInt("プロパティ名",<デフォルト値>);

※設定できるデフォルト値はint,string,long,boolean

doubleは用意されていないため、stringで取得後にDouble.toString()でキャストすればいい

Double.parseDouble()

設定

adb shell setprop <プロパティ名> <値>

値の確認

adb getprop または adb getprop <プロパティ名>

 

android プロセス/スレッド の表示

adb ps -t -p -P

 

android 端末のバックキー押下/タップ/スワイプ 操作コマンド

バックキー

~$ adb shell input keyevent 4 (4=BackKey)

タップ

~$ adb shell touchscreen tap x y

スワイプ

~$ adb shell touchscreen swipe x1 y1 x2 y2

 

KitKat以降で画面動画キャプチャ機能

adb shell screenrecord /ルート/ファイル名.mp4

 

・adb logcat

ジオログなどすべて取得

~$ adb logcat -v time -b main -b radio

ログファイル名を時刻にする

~$ adb logcat -c

~$ set time2=%time: =0%

~$ adb logcat -v time > %date:~-10,4%%date:=-5,2%%date:~-2,2%%time2:~0,2%%time2:~3,2%%time2:~6,2%.log

 

・adb コマンドで端末/エミュレータを指定

adb -e ※エミュレータを指定

adb -s <デバイスID>

adb -d ※デバイスを指定

 

Java スタックトレース

StackTraceElement e = new.Eception().getStackTrace()[1];

Log.e("<tag名>","class" + e.getClassName() + "method" + e.getMethodName());

  

・AOSPビルド時に生成されるapk格納場所

/out/target/product/<チップ名>/system/app

 

androidビルドID

/core/build.mk

 

ubuntu好みの設定

端末のホスト名/ユーザ名の表示を消す

.bashrcのPS1パラメータの<\u@\h:>を削除

これで<~$>とシンプルになる

 

スクロールバーの常時表示

gsettings set com.canonical.desktop.interface scrollbar-mode normal

 

・gitでの行動履歴表示

~$ git reflog

 

android ランタイム

Dalvik=JITコンパイラ

ART  =AOTコンパイラ

 

ubuntu hdd 消去

~$ su shred -v -n2 -z /dev/<ドライブ>